読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界で一番再生されているYoutube動画

今日も訪問ありがとうございます。

いきなりですが、ネタバレです。

世界で一番再生されているYoutubeの動画はpsyのカンナムスタイルです。

 

www.youtube.com

 

28億回(5/22付)も再生されています。

ここで仮にYoutubeアフィリエイト収入が1再生=0.1円だとすると、

この動画だけで2億も稼いだことになります。驚きですね。

また若干ブームの過ぎた感じのあるPPAPは1億2千万回=1200万

これでもかなりの稼ぎではないでしょうか。

 

セミリタイヤしたすぎて、一時期(血迷ってw)Youtuberを目指すか考える時期もありましたが、カリスマ性とかなさそうなのでやめておきます。

 

それにしても歌い手とか踊り手って一時期に比べるとかなり衰退しましたよね。

逆にYoutuberが今一番アツい気がしています。ということはもうしばらくしたらブームが去るのかなぁ。

「なぜ」セミリタイヤか。

今日も訪問いただきありがとうございます。

今日は自分が「なぜ」セミリタイヤがしたいかを考えていきたいと思います。

 

1.体力がないため、好きなだけ寝ていたい。

2.うちの会社は世間的にみたらホワイトらしいが、自分はそれでさえつらく感じる。

(だから転職ではなくセミリタイヤ)

3.仕事で関わる人にキチ〇イが多い。

4.意味のない残業をさせられていると感じることがある。

5.魂が削られる感じがする。

6.自由な時間でおもいっきり映画や漫画・ゲームなどを楽しみたい。

7.残業〇〇時間以前に、そもそも8時間勤務がありえないと思っている。

 

思いつくままに書いてみただけでも結構あります。。。

やっぱりなんといっても先立つものは「お金」

お金さえあれば、「好きなこと」を仕事にすることだってできます。

「無給でもやりたいこと」をするために、セミリタイヤする。

こんな選択もありではないでしょうか。

 

自作の小屋で暮らそう:Bライフの愉しみ

 

自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)

自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)

 

 昔の自分だったら絶対に手に取らなさそうな一冊。

ニート界の重鎮phaさんが、Twitterで進めていたので手に取ってみました。

この本は中古価格が高騰していたのですが、2月に文庫化されて手に入れやすくなっています。

基本的にはHow toの部分が多いため、実際に自作で小屋を作ってみたい人にはかなり参考になると思います。

自作小屋暮らしだと、出費が2万/月程度のようなのでアーリーリタイヤ的にも優しいですね。

学生で就職活動をしていたころ、うまくいっていなかった友人が「ホームレスのなり方」みたいな本を買って、「うん、最悪これでなんとか生きてはいけるな」と自分を安心させていたのをなんとなく思い出しました。

この考え方は割と重要な気がしていて、仕事でのストレスも「これがしばらく続く」と思うから耐えられないのであって、「いつでも辞めてやる!」くらいの気持ちでいると気が楽になりますよね。

後ろ盾の大切さを就職活動中の友人から学びました。

 

・・・しかし正直この作者のような暮らしは自分には難しいだろうなぁ(´・ω・`)

株の配当で不労所得!

訪問いただきありがとうございます。

 

決算発表の時期ですね!

うちの会社も決算がありました。

業績なり、なんなりも気になりますが一番気になるのは配当

会社から補助がでるので、給料を一部自社株に回しています。

今年も無事増配でした。

こうなると副業⇒配当生活にシフトしたくなりますが、実際に計算してみて全く生活するには足りないことがわかります。。。

 

20代後半のメーカー勤めの感覚的には

1.配当やインカムゲインがおいしくなるのは、投資額1000万を超えてから。

2.とはいえ、節約して1000万円貯めるとしようとすると、彩のない20代生活になってしまいます。

3.毎月の収入を増やすために副業!

という結論になりました。

セミリタイヤは一番の目的ですが、そのために貴重な20代の時間を無駄にはしたくないですね。

あまり有意義に使えている気もしませんけど(´・ω・`)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「好きなこと」だけして生きていく。

今日も訪問いただきありがとうございます。

以前書いた心屋仁之助の「好きなこと」だけして生きていく。

のレビューです。

 

「好きなこと」だけして生きていく。

「好きなこと」だけして生きていく。

 

 

心屋仁之助の本は初めて読んのですが、まず衝撃でした。

全体を通して、

「好きなことだけやっていても人生なんとでもなるんだよ。」

というメッセージを発していました。

そのロジックはかなり意味不明だったのですが、説得力のある文章で

「ほんとうになんとでもなるんじゃないか」

と思ってしまうほどです。

 

自分なりの解釈を載せてみます。

1.まずは努力しない自分にも価値があると認める。価値があるということにしてみる。

2.すると自分は「価値がある」のだから、頑張らなくても「他力」がなんとかしてくれる。

3.あとはそれを自分が「罪悪感」なしに受け取れるかどうか。(1.の前提から自分は「価値がある」のだから受け取らなくてはいけない)

 

2chのまとめでしか見たことがないのですが、「引き寄せの法則」に近くないですか? 心屋仁之助の一生お金に困らない生き方も読んだのですが(レビューはまた後日)、同じようなことを違う切り口で言っているような気がしました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

このブログの目標について

訪問いただきありがとうございます。

 

今日はこのブログとして、ブログ主の目標について書いていこうと思います。

 

個人的な目標としては、

1.40歳でセミリタイヤ

2.毎日を楽しく過ごす

上の2つです。

社会人4年目になり、今の仕事に愛着が持てなくなってきていて

それでも今辞める勇気が持てないためです。

 

そのために会社の収入に頼らず、副収入を得たいと考えています。

そのための方法としては、

1.このブログを収入源とする。

2.アフィリエイトサイトを立ち上げる。

3.その他やっていて楽しいことを副収入につなげる。

 

楽観的過ぎると思われるかもしれませんが、それでいいと思うことにしました。

心屋仁之助の「好きなこと」だけして生きていくという本を読んで得た結論です。

 

 

また後日この本のレビューをします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ありえない人員配置

訪問いただきありがとうございます。

 

さて、本日仕事で課の新体制の発表がありました。

本年度はうちの部署に特に力を入れるらしくリクルートも頑張っており、今年だけで数十人増員されることになっています。

 

そこで課の今年の担当が上司から発表されたのですが。。。

A班 自分

B班 正社員1・正社員2・派遣

C班 正社員3・正社員4

総括 ベテラン社員

と、なっており自分の班だけ自分ひとりです。

ここまではまだいいのですが、A班の仕事がどう考えても他班の1.5倍ちかくあります。

そして総括となったのは使えないことで有名なベテラン社員。

 

自分で言うのもなんですが、自分はそこそこ仕事が速くて、残業はめったにしません。

 

一方ベテラン社員は、仕事をだらだらやって残業しています。(それでもアウトプットは全くない)

 

その結果、上司は自分の仕事を増やし、無能ベテラン社員を閑職に追いやりました。

 

こんなんでどうやってモチベーションを上げろと??

 

 

 

セミリタイヤへの思いは強まるばかりです。