サラリーマンの税金対策

今日も訪問いただきありがとうございます。

今日はサラリーマンの税金について考えていきたいと思います。

 

基本的にサラリーマンは自営業と異なり、経費で控除を増やすということができません。また健康保険・介護保険の控除額は4・5・6月の給与の平均できまります。

この控除額は2万円毎に変わります。

つまり3か月の合計給与が6万円上がると(月平均2万円上がると)、控除の額が上がります。

この控除は厚生年金なので、将来の年金の額に多少は影響してきますが、このご時世本当に年金がもらえるのか怪しいところですよね。

なので、賢いサボリーマンのみなさんは1円でも払う税金を少なくしましょう。

 

しかし勤め人に給与のコントロール手段は「残業」意外ありません。

つまり4~6月の給与を減らすために、3~5月は残業を減らすと良いといえます。

 

5月もあと少し、残業時間に気を付けてお仕事しましょう!!

 

今日のまとめ「3~5月」は残業をほどほどに。